×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

へそピアスとは

へそピアスってご存知ですか?ピアスといえば一般的には耳たぶにあけるのが普通ですがへそにあけるピアスをへそピアスといいます。へそピアスはボディーピアスのひとつです。へそピアスは自分で耳のピアスを開けるように、ピアサーを使ってあけることは出来ません。へそピアサーをあけるときには専門の機関であけるほうがいいでしょう。最近では全国にピアッシングスタジオを呼ばれるスタジオがあるのですがそちらでへそピアスを開けるのがいいといわれています。へそピアス、あけるときにとても痛いような気がしますが、へそピアスは痛くないのか気になるところです。へそピアスは、麻酔が必要なくらいの痛みではなくて、耐えられるくらいの痛みだそうです。へそピアスはニードルと呼ばれる簿ティーピアスを開けるときに使う専用の針を使って開けます。へそピアスはニードルで開けてから2−3分でピアスがついて完了するようです。へそピアスは一度あけると治るまでに半年から2年はかかるそうです。数週間はあかみを帯びていたり、かゆかったりする層です。へそピアスの好感はピアスが完璧になってから行うのがいいでしょう。

へそピアスの穴あけ

へそピアスの穴あけについて紹介したいと思います。へそピアスというのはピアスの中でも開けてからの穴のトラブルが起きやすいといわれていますからへそピアスのピアスホールの開け方や使うピアスの種類やアフターケアはとても難しく、大変だといわれています。へそピアスの穴あけは耳のピアスの穴あけと違って自分でやってはトラブルになることが多いといわれていますから、信頼できるへそピアスの穴あけを行っている医療機関でへそピアスの穴あけをしたほうがいいですね。医療機関によってはへそピアスの穴あけには局部麻酔を使って行っているところもありますから、痛みが苦手な人も安心してへそピアスの穴を開けることができるようです。医療機関でへそピアスを開ける場合には、医療用具を消毒してから行われます。そしてへそピアスの穴あけに使われるファーストピアスは、棒状のデザインU字型のデザインを選ぶことができるようで、医療用のステンレス製やシリコン製が使われるようです。

へそピアスと病院

へそピアスと病院についてですが、へそピアスを開ける場合には、決して自分であけてはいけません。へそピアスは実は耳のピアスに比べるとあけた後の穴がトラブルになりやすいといわれています。また消毒やアフターケアなども大切ですからへそピアスを開ける場合には、出来れば病院や医療機関で開けるのが安心です。へそピアスを病院で開ける場合には、一般の総合病院などでは多分へそピアスを開けてくれるところは少ないと思います。へそピアスをあける医療機関や病院は美容整形外科だったり、美容クリニック、また皮膚かなどでも開けてくれるところがあると思います。へそピアスを病院で開けた場合には、へそピアスを自分で開けたり医療機関以外の場所で開けたときに比べても安心して開けることが出来ると思います。へそピアスは開ける前の消毒もあけた後のアフターケアも大切ですから必ず信頼できる病院などでへそピアスを開けるようにしたほうがいいでしょう。

Copyright © 2008 へそピアス、心配事は蹴飛ばしましょう!